フクロモモンガを飼うならオシャレなアクリルケージがおすすめ|「GEX」アクリルルーム390Highのレビュー

フクロモモンガちゃんのお家について悩んでいる方へ!

MAMI

MOFU オーナー
の「MAMI」です!

きゃん太郎

アシスタントの
「きゃん太郎」です。

今回は「アクリルケージ」の紹介させていただきます。

MOFU では、アクリルケージを使用して1年、現在は2つのアクリルケージを活用しています。

アクリルケージの事ならお任せ下さい

アクリルなので、フクロモモンガのカワイイ姿を遮るものは何もありません!

本当にオシャレでオススメです!

フクロモモンガのお家で悩んでみえる方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

コハク

みんなを近くに
感じられるよ!!

アクリルルーム390Highのメリット

①正面・左右と視界を遮るものがない
②組付けが簡単
③掃除がしやすい
④アイテムを取り付けやすい
⑤オリジナリティが出せる
⑥高さがあり快適

   あんこ

商品名はアクリルルーム
なんだね・・・

MAMI

小さいことは気にせず
レビュー、レビュー♪

アクリルケージなら自分のオリジナリティを表現できますよぉ〜!!

MAMI

もっと素敵なアイテムを
たくさん付けたいなぁ♪

   あんこ

ネットやInstagramに
素敵なアイテムがたくさん
ありますよ♫

コハク

MOFUでも
シンプルでオシャレな
ポーチを販売してるよ♪


MAMI

立ち寄ってくださると
嬉しいです♪

MOFU:Meteor  of  Unlimited』
ではフクモモ用のポーチ・ハンモックを
手作りで制作しています。

ご自宅のフクモモちゃん達が主役になる

ように「シンプル&カワイイ」を追求

フクモモとの暮らしを引き立てます

\ 「シンプル・カワイイ」ポーチをお探しの方 /

   あんこ

初心者さんにピッタリの
オールインワン商品もあるよ♪

MOFU のアクリルケージ
ケージ内で遊ぶ「みぞれ」

\ マルっと解決できる記事はコチラ /

目次

「GEX」アクリルルーム390Highの基本スペックと標準装備紹介

まず始めに、「GEX」アクリルルーム390Highの商品紹介を簡単に説明していきますね。

その1:サイズ

重量:約7.2Kg
サイズ:約40.0×33.0×71,0cm


その2:引き出しトイレ

引き出しトイレが便利

MAMI

本当に簡単に清掃できます!

MOFUでは、引き出しトイレを改良しているので別の記事で紹介しますね♪


その3:大開口パネル

全面に大きく開くパネルがある

きゃん太郎

大開口なのでフクロモモンガ
との「ふれあい」もバッチリ♪


その4:ステップ

木のステップが標準で2個付いている

MAMI

準備するものが
少なくてすむよ♫


その5:ワイヤーネット

ワイヤーネットが標準で3つ付いている

きゃん太郎

ワイヤーネットをつかんで
遊ぶんだよ♪


その6:コンセントコード穴

ヒーター用コード穴がある

MAMI

冬用のヒーターも
コレで簡単に設置できるね!


その7:給水機の取付穴

ウォーターボトルの設置場所が2つある

きゃん太郎

自分好みのレイアウトに
合わせて付けれるね。

初心者にもオススメ「アクリルケージ」のメリット紹介します。

アクリルケージを使うことでメリットがどんどんと見えてきましたので、ここでは詳しく紹介していきますね!

コハク

僕達は、ず〜っとアクリル
ケージで生活しているよ♪

MAMI

本当に使いやすいん
ですよぉ♪

No.1:アクリルケージは視界を遮るものがない

コレ!アクリル越しの写真なんですよ♪

メリットのNo1と言えば、やはり透明なアクリルです。

飼い主さんと、フクロモモンガちゃん達の視界を遮らないのが本当に最高です!

MOFU のフクロモモンガちゃん達も、たま〜に勘違いしてアクリルに体当たりします。笑

自己満足になりますが「フクロモモンガちゃん」も「設置するアイテム」も本当に映えますよ!

MAMI

アクリルケージはケージ越し
でも写真がキレイに撮れるよ♪

No.2:ケージ周辺の掃除がしやすい

フクロモモンガは夜行性で夜中にケージ内を飛び回ります。

結果、金網ケージだと・・・

ご飯の食べ残しが飛び散る
ウンチ・オシッコが飛び散る

で、朝方のケージ周辺は散らかっています。

コハク

ごめんね・・・・
夜はテンションが
上がっちゃって。

でも「アクリルルーム390Hig」なら

パネルサイドの通気口があるだけなんで、夜暴れまわったぐらいではケージ周辺は汚れませんよ!

またケージの下側には「ウンチ・オシッコ」等を簡単に清掃ができる「引き出しトイレ」がついているので便利です!

「引き出しトイレ」を更に快適に活用できる方法がありますので、別記事で紹介させていただきますね。

No.3:飼い主さんのオリジナリティが出せる

アクリルルーム390Highには標準で「フック受け」が8個付いているので、ケージの側面に複数ある通気口に自由に取り付けられます。

「ポーチやハンモック」などのアイテムが飼い主さんの好きなポイントに取り付けられますよ。

フクロモモンガ用のアイテムってカワイイものが多くって模様替えをする度にワクワクしてくるんですよね!

アクリルケージなら自分のオリジナリティを表現できますよぉ〜!!

MAMI

もっと素敵なアイテムを
たくさん付けたいなぁ♪

   あんこ

ネットやInstagramに
素敵なアイテムがたくさん
ありますよ♫

コハク

いろいろ工夫して
楽しもう♪


MAMI

立ち寄ってくださると
嬉しいです♪

MOFU:Meteor  of  Unlimited』
ではフクモモ用のポーチ・ハンモックを
手作りで制作しています。

ご自宅のフクモモちゃん達が主役になる

ように「シンプル&カワイイ」を追求

フクモモとの暮らしを引き立てます

\ 「シンプル・カワイイ」ポーチをお探しの方 /


MAMIママお手製のハンモック取付け♫
「試作品」冬用ポーチとハンモック

No.4:「GEX」アクリルルーム390Highは丸洗いOK

アクリルルーム390Highは丸洗いが出来るんですよ!

毎日洗うのは難しいので、普段は除菌シートでの掃除していますが、MOFU では天気の良い週末はアクリルケージを丸洗いします。

丸洗いが正直簡単なんです!

丸洗いして乾拭きをしたら、天日干しをします。

細かなアイテムを取り外さずに一緒に洗えるのは本当に楽ちんなんですよ。

きゃん太郎

ちゃんと乾拭きをしないと
水垢や臭いが残りますので
ご注意下さい!

No.5:アクリルルーム390Higは組付けが超簡単

アクリルルーム390Higは、本当に組付けが簡単なんですよ〜!

本体のケージにボルトの締め付けはありません、「パネルのハメ合わせ+ゴムクリップの固定」でOKです。

GEXさん公式「アクリルルーム390High」の取扱説明書はコチラからどうぞ♪

きゃん太郎

組付けは10分もあれば
できますよ!

コハク

組付けが簡単だから
初めて購入した方でも
安心ですよぉ♪

「アクリルケージ」のデメリット紹介します

完璧にも見える「アクリルケージ」ですが、意外にもデメリットは存在します。

客観的に見れば分かるものと使ってみて分かったデメリットを合わせて紹介します。

MAMI

購入を検討する時には
デメリットも参考にしてね♪

No.1:購入価格が金網ケージより高い

これが最大のデメリットです。

価格帯をネットで調べたら一目瞭然。

アクリルケージは本当に高いです。

金網ケージを2つ買えるぐらいの値段ですので、かなり悩む材料にはなりますね・・・

あれだけのメリットがあれば、価格もこれぐらいにはなってしまうんですよね・・・きっと。

きゃん太郎

もう少し安いと
助かるんですけどね・・・。

No.2:アクリルだけにヒーターの熱に弱い

これは仕方ないかな?とは思うんですが・・・

アクリルなんで熱には弱いです。

パネルヒーターなどを使う方には全然問題ありませんが、ヒートランプ等を使う方は注意する必要があります。

MOFU ではパネルヒーターを使用してますが、冬は普通に越せますので参考にしていただければ幸いです。

No.3:付属のフック取付けボルトが弱い(締めにくい・緩みやすい)

フクロモモンガって色々かじるんですよね・・。

ボルトもワッシャーもボロボロになります。

しかも樹脂系の素材で締め付けがイマイチで強くありません・・・・。

フクロモモンガちゃん達は、想像以上に動き回るので「フック受け」のボルトが緩んでいることが多々あります。

ワッシャーやナットは小さいのでフクロモモンガちゃんの口に入らないように、外れていたら締め直してあげてね。

本当によく緩みます・・・・。

きゃん太郎

予備は付属品にありますので
まず困ることはありません!

No.4:スポンジの硬い面で清掃するとアクリルが白くなる

これはデメリットというか注意点です。

経験談なのですが、アクリルケージの汚れを取る時にスポンジの硬い面でこすったら、透明なアクリルが白く濁ってしまいました・・・。

これは、かなりのショックです

コハク

皆さんは気をつけて
くださいね〜

アクリルルーム390Highのアレンジを実例で紹介

アクリルルーム390Highは自分ならではのアレンジができるところも、オススメできる理由の1つです。

MOFU では、引き出しトイレにフクロモモンガちゃん達が入れないようにセパレートをする工夫をしています。

理由は

暴れまわってウンチまみれを防ぐ
オシッコシートが変えやすい

です。

実際のセパレートの仕方は、別の記事で紹介していきますね!

変化に敏感な「あんこ」と「みぞれ」
コハク

いろいろと
ありがとう〜

この記事のまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回は「アクリルルーム390High」の紹介をさせていただきました。

参考になったでしょうか??

もし参考になったのなら幸いです。

フクロモモンガちゃん達の姿が間近で見たい方に「アクリルケージはNo.1にオススメです。

今後ケージを選ぶ時には、この記事を読み直していただけたら嬉しいです。

では、最後に・・・

フクロモモンガとの暮らし
癒やしです

これからも幸せで豊かな毎日をフクロモモンガと一緒に!

記事内の内容は経験談を多めに載せていますので、間違いなどありましたらメッセージを頂けますと幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次